読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き寄せ研究室

実験そして考察。目に見えない、数値化できないものを紐解きたい。

答え来るの早すぎるでしょ(笑)

潜在意識(世界)の活用 - 潜在意識とか引き寄せとかについて考えてみる(結構真剣に研究したい)

昨日の記事の最後にこんなことを書いたわけですよ。

じゃあ最後に願掛けを1つ。
「このブログを読んだ人がさくっと認識変更するにはどうしたらいい?」
この答えが今後の更新に反映されるんじゃないでしょうか(笑)

さーいつ頃来るかなー?とか思ってたら、
 
なんかもう来たっぽいです(笑)
 

は、早くね?え?え?( ゚Д゚; )

偶然が偶然じゃないことに気付く

やってきた答えは、とある本との出会いでした。
これ。

ビジネスゲームから自由になる法

ビジネスゲームから自由になる法

『ビジネスゲームから自由になる方法』
『「ザ・マネーゲーム」から脱出する方法』の続編です。
ずっと読みたかったんだけど、レビューを見ると内容重複しまくりってことで買ってなかった本。
あわよくば図書館で借りようと思って一時期探してたんですが、やっぱり置いてなくて。
 
それが昨日行ったらあったんですよね、なぜか。
 

この図書館にないの知ってたから探してもいなかったんです。
何気なく棚を見たらタイトルが視界に入ってきて、思わず二度見(笑)
え?何で?( ゚Д゚; )
ここ、マネゲ本すら置いてないよね?(笑)


前にも書いたと思うけど、こういうのは「偶然」であり「偶然ではない」んです。
私たちの認識では「偶然」に思えるけど、実は「願った結果=必然」だったりね。
まあ気の持ちようって言われりゃそれまでなんだけど(笑)
一蹴されるのも仕方ないとは思う。目に見えない(科学的に証明されていない)ルールを信じるんだから。

でも、そっちの考え方を採用して、今まで上手く行ってたんかな?

最初はこういう考え方をするのに違和感あるけど、やってくと慣れるし、色々な形の「答え」に気付くようになります。
多分これを読んでいるあなたにも同じような必然は起きてるんだろうけど、それを偶然と片付けてるんじゃないかな。
そんなときは世界にこう投げかけてみたらどうだろう?
「どうやったら答えにもっと気付けますか?」

方法論は違うけど、この2冊の本にはそういう「現実」というホログラムを壊そうということが書いてあります。
だから読んで欲しいんだよね。

「ザ・マネーゲーム」から脱出する法

「ザ・マネーゲーム」から脱出する法

ビジネスゲームから自由になる法

ビジネスゲームから自由になる法

まだ読了してないけど、色々復習したらすでに変化が起きてる気が(笑)