読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き寄せ研究室

実験そして考察。目に見えない、数値化できないものを紐解きたい。

目的地を決めよう

前回より大分日が空いてますが、相変わらず色々楽しくやってます\(^o^)/

さー、何書こう(笑)
色々考えたことあるけど、うまくまとまらないのよねー
表現力足らんのが悩ましい(´・ω・`)

潜在意識ってのはナビみたいなもん

車でどこかに行こうという時、ナビを使います。
うちの車はナビ付いてないので、スマホGoogle先生に案内してもらうわけですが。
ナビ使う時って、目的地を決めたら自動で案内してくれるよね。
でもその途中経路がどんなのかは、通ってみないとわからない。

ちなみにGoogle先生のナビは超厳しいです(笑)
最短を狙っていくのか、車幅1台分の山道とか普通に通らされるし。
いやいや、この道しんどいっての(´・ω・`)

潜在意識も一緒で、途中の経路は私たちにはわかんない。
運転手としては不安になるけど実は最短コース、ってのは全然あり得る話だったり。
どんな道でも、結局は目的地着くんだからいいじゃん?
と、Google先生と潜在意識がドヤ顔してる気がする(笑)

過度に意味を込めない

これは現実に起こってることを無理矢理ポジティブに評価しようということではないです。

アホか、しんどいもんはしんどいんじゃ!(笑)

でも「しんどい」以上の意味はないんだよね。
経路の中にある坂をただ登ってるだけ。いつか終わる。
「しんどい(逆境)だから失敗するに違いない」と考えることは、目的地を「失敗」に変更するのと同義です。
そこは切り離す。現状なんて全く関係ない。

とりあえず目の前の坂を登ること。もしくは迂回ルートを探す。
目的地の変更はしない!
(他の場所に行きたくなったならもちろんOKだけど)

そのうち「目的地周辺です」のお知らせが来る

これは結構直感的なものなので、説明難しい…
恋愛成就とか昇進とか、とにかくそういう目的地に向かって進むわけです。
そうするとふとした時に、「あ、これ叶う流れやな」とわかる瞬間が来ます。
何でわかるの?って聞かれるとひじょーに困る(´・ω・`)
何でかわかるんです(笑)

ここまで来ちゃうと、逆にキャンセルが難しいかも。
だから目的地を決める時は「本当に望んでいるのか」をちゃんと考えたほうがいいかもね。

検索条件を付けよう

例えば「最短じゃなくてもいいから、なるべく平坦な道で」というのもあり。
でもこれじゃあいつ着くかんからないから、「〜までに着くルートで、なるべく平坦な道」とすれば良いのか。
具体的にどうすればいいのかは、これから試行錯誤して探っていきたいと思います。
あ、潜在意識の活用なんて、トライ&エラーだから!
真実はいつも1つ(コナンか)、でも方法論は無限。
とりあえず書いてあることを試してみるべし!
合っていれば続ければいいし、ダメそうなら自分向けにアレンジ。
正解は1つじゃないと思う!