読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き寄せ研究室

実験そして考察。目に見えない、数値化できないものを紐解きたい。

復縁やパートナーがいる相手との恋愛についてと他者の解釈

恋愛・復縁 世界の仕組み 引き寄せの方法論

さて、表題の件。
これはかなりの人が悩みとして持っていると思う。
私もそうだったし(笑)

今日はそのことについてと、実際に私が体験した事例を書こうかと思います。

引き寄せの仕組みを検証したい

ちょっと話は逸れるけど、私は引き寄せを「極力科学的に」検証したいと思っている。
スピリチュアルなことというのは、まだ法則がわかっていない現象のことだと思うから。
*1
科学的にということは、可視化、数値化してデータを提示しなければ説得力がない。
とはいえエネルギー、特に意志・潜在意識の可視化なんてのは無理だ。
じゃあどうするかと言うと、検証回数を持って正しさを証明していくしかないんじゃなかろうかと考えている。

そもそも引き寄せなんかなんで信じてるの?って聞かれると、ちょっと困るんだよなあ。
信じるというか、知った感じ。
「問えば(望めば)答えが返ってくる」っていうのは、自分の中で揺るがなくなっちゃった。
別に自分だけで止めておいてもいいんだけど、この感覚で生きた方が俄然人生面白くなると思うので(利益を得られるからという意味ではない)、万人に通じるように検証したいなあと思ったりするわけです。

他者って何?世界って何?

他者が関わることについての引き寄せというのは、どう解釈するかが難しい。
「そもそも他者って、世界ってなんなんだ?」というところから考えていく必要がある。

他者というのは世界の一部なのか、それとも自分と同じように意志を持った存在なのか。
前者であれば、「この世界の全ては自分が作っている」という説に依るし、
後者なら「たくさんの意志が干渉しあって世界が作られている」説に依ることになる。
そこの解釈で扱いが180度変わるよね。

個人的には後者なのかなーと考えています。
厳密に言えば「個人というキャラを使ってこの世界を生きるというゲームをプレイしている存在」がたくさんいて、この世界は成り立ってんじゃないかと。
その上にはこのゲームを作ったプロデューサーみたいな存在もいたりして。
スピ的な言い方なら、プレイヤー=ハイヤーセルフ、プロデューサー(運営)=創造主 かな?

基本的にゲームのキャラ=プレイヤーなので、この世界では自分のやりたいようにできる(=意図した通りになる)。
けどこのゲームの目的は「よりベターな方を目指すこと(=幸せになること)」だから、それを逸脱する行為は認められず、どこかで運営の修正が入ることになる。
運営の修正は、大抵大きなアクシデントとして認識される。
プレイヤーとしては短期的に苦境に立つことが多いけど、長期的に見ればむしろプラスになる。
そんな感じかな。

ちなみににこればっかりは科学的に検証できるものではないので、正解かどうかはわかりません(笑)

自分の想像の範疇にないレベルの「ベター」に向かう

世界に対してそんな認識になった(いわゆる「認識変更」ってやつ)きっかけの話を少々。

私が世界について急に「全部繋がってんのか!!」と知ったのは、どうしようもない元彼に振り回されていた時だ(笑)
同棲相手が浮気して帰ってこなくなるとか、割に最悪の状況だと思うんだけど、気付いた瞬間からどうでもよくなったなー。
その仕組みを利用して、浮気相手を特定にも成功しました(笑)
うん、我ながら気持ち悪いほど色々わかったよね…

戻ってくることは少なからず望んでいたはずだけど、復縁とか相手が別れることにはならなかった。
でも、今となっては「戻ってこなくてよかった」と心から思ってる。
というか、途中でそういう気もなくなったんだけど。
ほんとにヨリを戻したこと考えたらぞっとするわ…(笑)

というわけで、「復縁はしなかったけど結果的にはベターだった」というのが結果です。
もちろん当時はそんな余裕もなかったわけですが。
精神的にきついのはもちろんだけど、同棲してたから経済的な打撃もかなりのもの。
でもそのおかげで今の職に転職できて、今ものすごく楽しく仕事してる自分がいるのは紛れもない事実なのよねー。

そんなこともあって、前項の世界観に行き着くわけです。
運営ペナルティきついっての(笑)

認識が結果を生む

さて、恋愛がらみの事例をもう1つ。

そんなペナルティの後でも、恋愛イベントはきっちり起こっていまして。
仲良くしてる所をイメージして数ヶ月。
アクシデントがきっかけで近づくパターンで、ものすごくすんなり進みました。
ええ、そりゃもうびっくりするくらい進展早かった(笑)

…が!

ある状況を境に暗転するんですねー(笑)

何が起きたかというと、私が「彼女いるんじゃないかと疑惑を持った」んです。
基本的に連絡してこないのは性格とかもあるかもしんないけど、何かおかしい。
この人なんか嘘ついてないか?
もしかして、彼女いるんじゃ?
という風にどんどん疑いの気持ちが強くなっていったんだけど、そのまま数ヶ月(長い)。
けどついに我慢の限界が来て、聞いてみたら案の定彼女がいた、というね。
本人は別れたつもりだったらしい。けど彼女はそう認識していなかった。

これ、もし私が疑わなかったらそのまま楽しくやってたんじゃないだろうか。
で、彼女ときちんと別れてこちらに来ていたのかも?
もしくは、この人がそういう所にルーズな人で、彼女ともうまくやりつつ私と同時進行するつもりだったから運営の修正が入ったのか。
だから「疑わしいこと」を起こして、私が「疑う」ようにした。とか?

「疑う」気持ちが何に起因したのかはともかくとしても、それが今の結果につながったことは間違いないと判断している。
今も関係としてはなんだか曖昧で非常にモヤモヤしたりもするんだけど、そういう感覚を抱いている時点で目指すものじゃないということなんだろうな。
最近は別の人と楽しく過ごす所を想像したりしてる(笑)
これもそのうちうまくいくんじゃないかな?
コツは「一切の苦しさをともなわないようにイメージすること」かと。
あと、「必死にならない!遊んでるみたいに楽しく」ね!!
妄想バンザイ!(笑)

どうしたら叶うのか

基本的には「願えば叶う」世界。
だけどそれはあなたが「幸せになる願いのみ」という縛りがある。

復縁したいのはなぜ?
ほんとに好き?それとも執着とか、変化が怖いだけ?
パートナーがいることを知っても好きという気持ち、そこに苦しさは伴わない?


この辺りが叶うか叶わないかのネックなのかなーと思います。

じゃあどうやったら叶うのか?
とにかく「自分が嬉しく、楽しくなるようなことをする」、これに限る。
恋愛面で苦しいなら、一旦放り投げちゃえ。
それが何であれ、しんどいのに我慢して思う必要はない。
で、旅行行ったり美味しいもの食べたり、自分が楽しそうだと思うことをして、実際に楽しい気分になる。
もしくは、嬉しいことを妄想してニヤニヤする。
私は3日後日記がマジで効いた。
全部ではないけど、手帳に書いたことが起こってる(ただし、これも憂いや疑いが少しでも入ってるとダメだった)。
実現して嬉しくなってニヤニヤしてたら、想像以上の出来事が起きてさらにニヤニヤ。
年が明けてからそんな感じです。
買ってもいいし図書館とかで借りてもいいので、一読して実践することをオススメします。

イメージするのが苦手という人は、ちょっと練習するといいかもしれない。
目の前にあるものを観察した後、目を閉じてイメージする。
で、それがあってるか目を開けて答え合わせ。
例えばスマホ
色は?重さは?質感は?触ったらどんな感情が湧く?などなど。
まず見た目の特徴を想像できるようになるといいんじゃないかなー。
これができると多分絵も上手くなるよ(笑)

ああ、最後にこれだけは言っておかないと。
引き寄せは努力をしなくて良くなるような仕組みではない、むしろきちんと労力を払うことで幸せに向かうようにするものです。
「思うだけで叶うなんて、引き寄せって楽だなー!」とか思ってるなら残念ながら勘違い(笑)
どんな形であれ動かなきゃ叶わない。ただしそれを苦労とは感じないことが多いかも。
あと一見関係ない行動が願望実現につながることもある。

まあとにかく、幸せを感じる時間を長くするべし!
それが思わぬ好結果につながる、これが今私がベストだと思っている引き寄せ方法かなー。

*1:って言っても、スピ系の全てを肯定できるわけでもない。現世利益追求のための口実に利用しているだけのものもあるように見える。