読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き寄せ研究室

実験そして考察。目に見えない、数値化できないものを紐解きたい。

【思考ログ】自分とは?

思考ログ

ばーっと思いつくままに書いてるのでまとまりないです。
ある程度整理してから書いたほうがいいのかもだけど、こういうのが誰かにとってヒントになる場合もあるし。
そう思うようになったので、ちょくちょく考えるままに書こうと思います。
主張がまとまった記事を読みたいならスルー推奨(笑)

世界の決定

基本的に「世界は自分で変えられるもの」だという前提にある。
じゃあその「自分」ってのはなんなんだ。
そう考えている、その意識はなんだ?

感情や思考は単なる電気信号という説もある。
だが脳に電気信号が流れることで「考えている」という動作を取っているとするなら、その信号を選択した主体は誰なのか、なぜそれを選んだのか、そこがわからない。
とにかく「主体」があるはずで、それが「自分」であるはずだ。

思考や感情が他人や環境などの外部条件によって影響されるというのなら、外部条件となるものは「主体」であるはずである。
そう考えるように(もしくはそう感じるように)脳に電気信号を送るように仕向けるものだからだ。
自分(と一般的に言われる固有の人間)は実はただの感応器であり、外部条件は情報そのもの。
ひっくるめた世界の全てが主体、もしくは主体の意志でコントロールされている。

屁理屈だろうか?

口に出す言葉には気をつける

「友達なんかいらない」という人に友達はいない。
「お金がない」という人は裕福ではない。
ベクトルは逆と考えるのが普通か?「友達がいない→友達はいらない」「裕福ではない→お金がない」

両方の発言にはいじけや嫉妬の感情が見られる。
本当は逆の状態を望んでいるのに叶えられない、じゃあもういいよ、という具合だ。
下手をすれば自慢にすらしている。
こういう人は指摘すると「そんなことはない」と怒るのが常だし、改善しようと行動しない。
どうせ私はこんなダメな人間です(だからかまって・認めて)、こうなると周りの人間は(優しければ優しいほど)辛い。

人生はその人のものだ。
手を貸すことはしてもいいが、その人の価値はその人自身が決めるものだ。
ダメっていってるならダメ以外にはなり得ない。
その人に見えている世界は「自分がダメな存在である世界」だろう。

ベクトルの向きは前者が正しいと思うが、まだ実験していない。
とりあえず、意識的に「否定的なことは言わない」ということをやってみよう。
言いたいことは言うべきだが、否定的な表現を使わずに言う。
「気に入らない、むかつく」→「価値観が違う」とかな。
で、なりたいものも意識的に発言してみる(言えないなら書いてみる)。
謙遜なんかいらない。好きなだけ望めばいい。
ついでにイメージもできれば最高だな。

自分に許可を出す

自分の行動を制限しているのはお金でも時間でも状況でもない、自分自身である。
したいなら「していいいよ」と許可を出すことだ。
我慢強い人ほど許可が出しにくくなっている。
自分の望みを叶えることはわがままではないし、他者を蹴落とすことでもない。
心配しなくても、万人に行き渡るくらいのリソースはある。
自分のやれることは、ただ願い、それを受け取ることを許可すること。
「I'm OK」を自分にしっかり理解させること。
1日1つでもいいから、全ての条件(金銭・時間など)を取っ払って自分の望みを叶えてみる。
それが受け取り上手になる練習になるだろうな。