読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き寄せ研究室

実験そして考察。目に見えない、数値化できないものを紐解きたい。

自分に「叶うこと」を許可してますか?

さてさて、週末です。
今週は忙殺されていて3日後日記どころではなかったという…
楽しい方を見るよう、習慣化しないとねえ。

今週の引き寄せ


今ブログを書きながら思いついたんだけど、「今週はこれを叶えましょう」なんて遊びをこのブログでするのは楽しいかもしれない。
叶え方は棚ぼた狙いでもOK*1だし、自分で叶えてもOK。

そうだなー、今回は「うなぎを食べる」を叶えてみますか。土用の丑だし(笑)
まあ遊びです遊び。
どんなものでも「うなぎ」ならOKだし、叶わなかったからといって卑屈になることもないし。
みなさんもよかったらどうぞ!叶ったら報告しまーす。


前回記事でこんなことを書きましたがみなさんどうですか。叶いましたか。

私は2回も叶った!わーい!!

って、「こんなの自分で食べに行っただけやん」と総ツッコミ入りそうですけれども(笑)
いやいや、「うなぎを食べる」が「叶った」ことは事実だから。

自分で叶えちゃいけないの?

私は「うなぎを食べる」という願いを「自分で食べに行く」という手段で叶えたわけです。
前章にも書いた通り「そんなの叶うに決まってるやん」という反論がありそうだけど、そうでもないんよね。
自分で食べに行くには交通手段がないとダメだし、時間がないとダメ。
もちろん代金も必要だ(すき家の「うな牛」安くてうまい。これマジでオススメ)。
それだけじゃあない、うなぎを扱っている店が行ける範囲に必要だし、その店にうなぎの在庫がないといけない。
何より、自分に「うなぎを食べに行っていいよ」とGOサインを出さなきゃいけない。多分これが1番のネック。

みなさんこんなことないですか。
欲しいものがある。お金も頑張れば出せる。でも色々ダメな言い訳して買わない。
これ、「自分にGOサインを出せない」典型的なやつ。
わかりやすく言うと、「願いを叶えちゃいけない」って自分でしているってこと。
私はハンモックとSUPがそうだった。

SUPはまだ記事書いてないし、買ったことすら誰にも言ってないけど(笑)
願いが叶わないの、案外こういう自分による制限が多いのかもよ?

「引き寄せは自分で動かなくていい」という幻想

「引き寄せ=棚ぼた」みたいなイメージがあって、願っていさえすればその状況が勝手に現れる、というのは多分違う。
ただ「努力して叶える」というのもちょっと違う。
何だろうねー「叶えることを決めてそうなるように動くと、そういう流れになる」みたいな。
そこにしんどさや苦労している感じはなくて、割と軽い感じで動いたら「あれ?叶ってる!」。
劇的な「奇跡」ではないのは間違いない。そんな大仰なもんじゃないよ、引き寄せって。

決めたらそっちを向いて何か動いてみる。
本によく書かれているのが、「旅行に行きたい!→パンフレットを集めてみよう」とか、「恋人が欲しい→見た目に気を使ったり、新しいことを始めてみよう」とか、割と「それ引き寄せ関係ない普通のアドバイスやん」ってツッコミ入れたくなるようなことだったりする(笑)
けどまあそんなもんなんよな。引き寄せるっていうのは。

願えば叶う、叶えていいと思えるなら

叶えたいと思っているようで、叶っては困るとも思っている。
多分叶わないのはこれがネック。

「お金が欲しい」
⇔「お金持ちは悪人」
⇔「宝くじ1等なんて不幸の元」
⇔「お金があるとだまされるかもしれない」
⇔「働かないと得られるわけがない」
⇔「自分にそんな価値はない」
⇔「どうしたらいいかわからない」

こうやって願いへの反発心を書き出してみると効果あるかもしれない。
さらに反発に対して反証をする。

「お金持ちは悪人?貧乏な方が凶悪犯罪多いよ」
「宝くじ1等当たった人、みんなが不幸になった?自制できない人だけでしょ」
「お金があるとだまされる?ない人ほど目先の利益に目がくらんでだまされてるやん」
「働かないと得られない?株の配当とかの不労所得で生活してる人いっぱいいるし」
「自分に価値はない?お金を得るのに自分が価値ある人間である必要はないし、そもそも生きることに価値や意義なんて必要ない」
「どうしたらいいのかわからない?好きなことしたら?それすらわからないなら本読んだり人に聞けば?」

いかに思い込みが多いか、それを眼前に示す。
別に消そうとか思わなくて、ただ列記して「自分アホやなあ(笑)」と流すだけでいい。
多分結構出てくるんじゃなかろうか。

今週の引き寄せ

さて、じゃあ今週はこれを叶えようと思います。

・ハロハロの塩レモンを食べる
・777という数字を見る

いや、食べるばっかじゃアレかなあって(笑)
これに乗っかるも良し、自分で叶えること決めてやるも良し。
まあとにかく興味があったらやってみるといいと思います!
叶いグセ、つくんじゃないかなあ?