読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き寄せ研究室

実験そして考察。目に見えない、数値化できないものを紐解きたい。

「パラパラめくるだけで引き寄せができる本」が意外と良書だった

引き寄せ参考書

月末になるとamazonプライム会員特典の「電子書籍1冊無料」の特典を消化するため、引き寄せ本を探すことが多い*1
探してダウンロードするもののそのまま放置、次月の終わりギリギリに読む…というのが最近のパターンになっている。
今月もその流れを辿るかと思いきや、あっさり読み終わってしまった。
ものすごく平易な本なのだがこれも良書。ポイントを抑えていてとてもよかったので紹介したい。
プライム会員+kindle持ちの方は是非。
購入もいいが、平易すぎてこの額は少々高く感じるかもしれない(笑)

「パラパラめくるだけで引き寄せができる本」

本の概要

見開き1枚で1つの話題について書かれている。
絵が中心で、大事なところは強調してくれてあるのでとても読みやすい。

主張自体は「3日後日記」などとそう変わらない。
「行き先を決めて、気分良くいること」これが全てだ。
だが、方法論はやはり少々違う。
この本では願いが叶わない状態を「クヨクヨさん」「イライラさん」「ニコニコさん」の3タイプに分けて解説している。
クヨクヨ→イライラ→ニコニコ というように変化すれば良いというのが趣旨である。

若干話のまとまりがないような気もするが、まあ許容範囲というところ。
絵のクオリティはあまり期待しないほうがいい(笑)

この本のポイント

例によって数カ所引用しよう。

「あなたの心の安らぎ」は「現実世界の安らぎ」を引き寄せる


(自分がワクワクすることをやるということに対して)

儲けになったとか、「ステイタス」につながったとか、社会的な側面について考える必要はない。
ただ取り組んでいるその瞬間に、「自分の心は満ち足りているか」と質問してみるだけでいいんです。


(世の中に引き寄せができる人とできない人がいることに対して)

引き寄せが「技術」ではなくて「感情」に由来するものだから。
感情をケアしてアップさせることができるかどうかで、望むものを引き寄せられるか、決まってしまうからなんだよ。


恐らく20分もあれば読めてしまう。
文章を読むのが苦手という方にはお勧めできる本である。

*1:無料といっても全ての本ではない。興味がある本が有料の場合もあるので注意が必要である