引き寄せ研究室

実験そして考察。目に見えない、数値化できないものを紐解きたい。

文字数と結論と引き寄せと

文字数と満足度

唐突だが、私は文章を読むのが早い部類だ。
子供の頃は隙あらば本かゲーム(RPGとかの字読む系)だったので、自然と身についてしまった。
だから、「文章が短い=内容薄くて面白くない」みたいな等式が脳内にあるのだが、当然のことながら、それは万人に通用する価値観ではない。

そのことをうちのおっちゃん(彼氏ができました その辺はまた別記事で)が教えてくれた。
自分とは正反対で、字が嫌いで結論を早く言えというタイプ。
結論のない文章にモヤっとするのは同じだが、文字数少ないと伝わるものも伝わらないだろうと思っていたので結構衝撃的だった。

そんなわけで、「この記事で何を言いたいか」は意識して書いていこうと思っている。

引き寄せでも結論を明確に!

実は引き寄せも同じことが言える。
望む結果はとにかく「ストレートに結果をイメージする」ことが大事。
細かいところがイメージできなくても全然構わないから、最終的にどうなりたいかだけは明確にしよう。
(むしろ個人名とか数値とか、具体性がない方がいい気がしている)

実現した願いはどんな願い方をしているか、また後日データを取って検証したいと思う。