引き寄せ研究室

実験そして考察。目に見えない、数値化できないものを紐解きたい。

設定を変えれば他人も変わる

更新再開とか言ってるのにまた日が空いてしまった。
仕事→遊び に全力投球中。
一応ちまちま編集したり、ブログデザインを変える段取りは考えているのだが、なかなか時間が許してくれない。
とりあえず、ゲームに充てる時間をブログに回している状況である。

今日は本題からは外れるが、自分が言語化できなかったことがツイッター上で見事にツイートされていたのでご紹介したい。

他人は変えられない?

私は基本的には「他人は変えられない」と思っている。
例えば、勉強嫌いな子供にいくら「勉強しろ」と言っても勉強するようにはならない。
変わるのは「勉強しないとダメだ」とその子が納得した時である。
外的な強制力は、よほど厳しくなければ永続しない。
そしてそれは「他人をコントロールする」ことに他ならない。
親子(夫婦)関係を主従や隷属の関係にするのは、かなりの確率で不幸な結果になるだろう。

他人を変えるには?

だから私は「他人は変えられない、できるのは変わるきっかけを作ることだ」というのが持論である。

だが先日、こんなツイートを見た。

これを読んだ時、ものすごく腑に落ちた。
そして、自分もこれを実践していることに気が付いた。

「他人は変えられない」と理性は考えていたが、自然と「自分が設定変更することで他人を変える」ことをしている。
いくら御託を並べても、結果が全てである。
やはり理性には限界があるのだ。頭で考えたことを盲信してはいけない。

そんなわけで、本やネットで情報を得ることは間違いではないが、決して鵜呑みにせず、実験して自ら結果を確認してほしい。

このブログも実験と結果の記録に徹しようかと考えているところである。